BARRACUDA
ダイビングを
始めよう
ステップアップ ツアーに行こう 器材そろえよう 器材レンタル 器材修理
ホーム ショップ情報 スタッフ募集&紹介 リンク 問い合わせ
器材をそろえよう
白丸リストマークМY器材がもたらしてくれるハッピーダイビングライフ
  慣れないレンタル器材や自分の体にあっていないウエットスーツでのダイビングでは、楽しいはずの
  ダイビングが台無しにという事になりかねません。「モタモタしていたら私だけお魚さん見逃しちゃった」
  「スーツがあわなくて寒かった」 「スーツが小さくて着るのが大変で潜る前に疲れちゃった」
  「じっくりお魚見たかったのにジタバタしちゃって」 という声をよく耳にします。
  自分にあった器材やスーツで潜り、使いこなしていく事が、不慣れな器材を扱うストレスから開放され、
  早く上達し、ダイビングを心から楽しめる様になる一番の近道と言えるでしょう。

  では実際に、どんな器材を揃えれば良いのでしょうか?マスク,スノーケル,ブーツ,フィン等の軽器材と、
  BC,レギュレター,ゲージ,コンピューター等の重器材と、ウエットスーツがあれば大丈夫でしょう。
  とはいうものの、ダイビング器材の機能や価格は多種多様で、自分にあったBESTのものを選ぶのは
  至難の技と言えるでしょう。そんな時こそ、経験と知識を十分に兼ね揃えた当店スタッフにお任せ下さい。
  お客様のご予算の範囲内で、最も優れたコストパフォーマンスの器材を紹介致します。気軽にご相談を!
  
大満足な器材を手にし、ダイビングを永く一生の友として楽しんでもらいたい。そんな願いからこその
  ☆ギリギリのサプライズ価格で☆販売させていただいております。
マスク/軽器材
 マスクは1眼と2眼のタイプがあり、視野が広く、自分の
 鼻の高さや顔の形にあったものを選ぼう。視力の悪い人は、
 度付きのレンズを入れて対応。マスクストラップカバーは、
 マスクの着脱をスムースにします。
スノーケル/軽器材
 水面で呼吸する為の筒状のもの。水の抵抗が少なく、自分の
 肺活量にあい、クリアした時に残水のないものを選ぼう。
グローブ/軽器材
 水中で手を保護します。
 丈夫さ、フィット感、保温性が、選ぶ時のポイント!
ブーツ/軽器材
 滑りやすく、怪我をしやすい岩場を歩く時に履きます。
 ダイビング時は、フィンが外れない様にフィンの下に履きます。
フィン/軽器材
 水中で推進力を得る為の足ひれ。
 着脱のしやすさも選ぶ時のポイント!
スーツ
 ウェットスーツと水に濡れないドライスーツがあります。
 水中で体を保温し、外傷から守ります。サイズオーダーか
 既製の、自分の体にフィットしたものを選ぼう。
 着やすさと保温力がポイント!
メッシュバック 
 水に塗れた器材の持ち運びに必須。
 全器材が入る収納力の高いものがおすすめ!
BC/重器材
 水中、水面で浮力調整します。
 操作、脱着のしやすさがポイント!
レギュレーター/重器材
 タンクからの圧縮空気の圧力を下げ、水の中で呼吸が、
 出来る様にする器材
ゲージ/重器材
 水深計、残圧計、コンパスなどの計器。
オクトパス/重器材
 仲間がエア切れになった時の為の予備レギュレーター
ダイブコンピューター
 安全なダイビング計画を計算するコンピューター。
 減圧症の予防に有効。
取り扱い商品/TUSA・BISM・MOBBYS・日本アクアラング・MARES・サンワード等
お問い合わせは 電話イラスト075-591-5199 or MailイラストMail にて
ページ TOPへ上矢印  戻る戻る矢印